2010年3月11日 (木)

菜の花忌報告・・・

 一ヶ月前の212日は司馬遼太郎さんの命日「菜の花忌」でした。司馬遼太郎は野に咲く花、とりわけタンポポや菜の花といった黄色い花が好きでした。中学校2年に司馬さんの小説「竜馬がゆく」を読んで以来、司馬さんへの敬愛は変わらず、今も書棚には司馬小説を書くことはありません。

 東大阪にある司馬遼太郎記念館は司馬さんの自宅であった場所に立てられました。司馬さんは自分の書斎の前に菜の花を植え、春の開花を楽しみにしていたということです。このあたりは、小さいながら雑木林風の庭になっていて、今も同じようにボランティアの皆さんが菜の花を植えているとのことです。この212日にあわせ、1997年以来、毎年、東京と大阪交互にシンポジウムや講演会を開いています。会場に全国から贈られる菜の花約3500本が飾られ、終了後、入場者にお配りするのが恒例になっています。

 1998年以来、自分は東京で開催される菜の花忌は欠かさず参加させていただいています。今回のシンポジウムは「『坂の上の雲』と日露戦争」 がテーマ、パネリストは篠田正浩氏(映画監督)、黒鉄ヒロシ氏(漫画家)、松本健一氏(評論家) 、加藤陽子氏(東京大学教授)、司会進行は第一回からの古屋和雄NHKアナウンサーです。Photo_2 2 ちょうど昨年からNHKで大型ドラマ「坂の上の雲」が放映ですので、この最近は「明治」が主題です。行っています。

 当日は降りしきる雨にもかかわらず、会場の日比谷公会堂はほぼ満席、この会はさすがに自分よりも遥かに「人生の先輩」の方々が多く、自分はまだ若輩の部のようでした・・

 今回のテーマなので主題は秋山好古・真之兄弟を中心とした話題が多く、日露戦争の意味とその後の暗黒な昭和期の軍部の暴走にも言及していました。

 坂の上の雲の冒頭「まことに小さな国が、開化期をむかえようとしている。 」という伸びやかな文章からも伝わるように司馬さんが好きな「明治時代の明るさ」を改めて感じたシンポジウムでした。中学校3年のとき、夢中で読んだ坂の上の雲が、今日映像としてみることの幸運を日々感じている昨今(6歳の娘と一緒に見ることができるなんて、まさに夢のよう!!主人公の3人の阿部さん・本木さん・香川さんの熱演は胸を熱くする思いです)、この菜の花忌にあわせて、久々に司馬さんの「明治という国家」を読み返しました。2年に一度、このような会に参加できる自分の幸運を感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月 1日 (月)

大学講義報告

 先週に母校の大学生3年生に講義をさせていただきました。自分が中学時代に「3年組金八先生!」の武田鉄也の熱演振りに感動しあの頃は社会(日本史)の教師になろうと考えていましたので分野が異なったとはいえ、母校の教壇に立つことができるのは自分にとって格別の観がある思いです。
 自分の大学院時代に所属した基礎医学・病理学の授業ですので、実際に今、学生が学んでいる病理学の内容が臨床・患者さんをみている歯科医院の現場でどのように活用されているのかを自身の体験した症例を基に、その病態形成から診断・治療・経過まで解説していくようにいたしました。歯科大学に来た学生ですので、ほとんどが「歯科医師」を目指すので、将来自分たちが行う歯科の業務の内容を具体的に感じることができる話なので、多くの学生は興味深く聞いている様子が教壇からも窺えます。Photo
 教壇に立って改めて感じることは、聴講している相手の雰囲気や姿勢で話す側のテンションも決まるということ、舞台に立つ歌手なども観客の気持ちでその日の調子が変わるという気持ちがわかる気がいたします。大学生ですので寝ている学生も多少いましたが!
今回は熱心に聴いてくれていることが自分でもわかりました。
 また、自分の今の医院の話も紹介し、患者様が来ていただいている状況も伝え、社会はまだまだ歯科医療を必要としていることの実感から「明るい歯科臨床の未来像」という趣旨も伝えました。授業が終わったあとの実習やアンケートでも実際の歯科臨床の概要を理解することができたという意見を多く聞くことができ、後輩に伝える役目が多少ができたことをホッとしています。
今回の授業の内容では、10月のブログにて多少触れた「倹約遺伝子」のことも紹介いたしました。次回のブログでも、学生に伝えた内容の続きを紹介させていただきます。
(添付の写真は、海ほたるから見た朝の風景です)Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

新年の横浜・大桟橋

 2010年もはや、3週目に突入しました。世間はセンター試験の日々、あけましておめでとうございますというには、もうすでに遅し!ということでしょうが、このブログは今年初めてですので、改めて「おめでとうございます!」再びブログ再開です。。Photo_3

正月から続く「冬型」の天候は写真には絶好ですので、朝4時に起きて、横浜・大桟橋をめざし、朝の風景を撮影してきました。冬晴れの見事な空、朝のグラディエーションを満喫してきました。横浜の風景を堪能できる絶好のスポットです。Photo_2

 センター試験の2日目・・・私事ですが、わが家もまさにその真っ只中です。試験を受ける人間の気持ちは今まで自分自身何度も味わいましたが、今はそれを見守る家族の気持ちというものを十分に実感している日々です。。受験生、体調に留意して頑張ってください。

 明後日に母校の東京歯科大学にて3年生に病理の講義に行ってきます。「倹約遺伝子は砂糖を超えられるか?」の内容を話題提供していきます・・

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

「倹約遺伝子は砂糖をコントロールできないのか?」

1

このブログのタイトル「歯と食と山のブログ」のとおり、「食」の話を始めたいと思います。歯科医の仕事の第一歩は歯・口を診ることなので、口の最大の機能である「食べる」ことを個人的にとても関心を持ってきました。「甘いものを食べるとむし歯になりますよ!と、歯医者にーひとごとのようにーよく言われませんでしたか?(ともすると上から目線のように感じた方も多いのではないでしょうか)。患者さんも「これからは甘いものは控えます」と、―ひとごとのように!?―お話されませんか!??

  歯科の病気・むし歯や歯周病の原因は、甘いもの・・砂糖が深く関与していることは皆様もご存知であるとおもいます。また、むし歯に限らず、お砂糖の取りすぎは、肥満・糖尿病になりやすいことも十分理解されていることだと思います。生活習慣病・・・人は好きなだけ食べて呑んで、体を動かさないで楽をしていると、たいていは太って糖尿病をはじめとする生活習慣病になります(食べて呑んで、体を動かさないで、即ち歯を磨かないで楽をしている・・・むし歯や歯周病も実は立派な生活習慣病です)。2

  生活習慣病・メタボリック症候群という生活習慣に密着した病気の名前は、もう十分に一般に浸透していますが、それでも「国民病」としてなかなか解決できないのは、この「好きなだけ食べて・・・・楽をしている」ということではないでしょうか・・すなわちーわかっているけどやめられないー植木等の「スーダラ節」の名文句そのものです。この変えられない人間の性(サガ)は何でなんだろうか・・ということを最近もっとも興味を持って考えています。その一つのヒントが今回のタイトル「倹約遺伝子は砂糖をコントロールできないのか?」です。この話題は、次回のブログから書き記してみたいとおもっています。

 

  偉そうなことを書きましたが、結局、かくいう自分もなかなか自分の性(サガ)を変えることは難しいことを実感しています!改めて自分の言い訳のような文章になってしまうかもしれません!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

ホームページを更新いたしました。

  Photo_2ホームページを更新することができました。こ開業して半年あまり、浦舟町の特性を模索しながら、自分の治療のできることを模索しながら書き下ろしたないようです。まだ「工事中」の項目が残っていますので、すべて完成ではありませんが、ほぼ形はできあがったのでホッとしています。このHPの内容を見ていただき、少しでもご自分のお口の健康そして「歯科」に関心を持っていただければ幸いです。限られたHPというものを生かすためにどのように「お口の健康観」をアピールすることができるのか、この半年間、ずっと考えてまいりました。そして今回、リンクにも紹介しました「アーチ」のスタッフの方々との1年半の検討会の中で、改めてホームページ・パンフレットのプロフェッショナルの重要さを認識させていただくことができました。デザイン製作会社ならではの、スタイルアップな装いにまとめていただけました。「アーチ」の方々に御礼申し上げます。

 今回のブログのタイトル「歯と食と山」に改名いたしました。「歯と食」だけでは話題提供ができないと思い、自分の最も興味のある「山」も追加したという次第です。添付の写真は、吹上温泉から望岳台に歩く十勝岳・トラバースコースの10月はじめの風景です。一昨年の北海道医療大学の講義の前にちょっと立ち寄り!撮影しました。左手の噴煙を上げる頂は活火山・十勝岳です。沢沿いには木々・噴火口付近は岩肌という「メリハリ」のある風景は、北海道の山らしい「広大性と原始性」を思わせます。このような話題の方が、自分は気楽なので、順次紹介させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

開業して半年・・part2

 Photo_2 夏本番の行楽シーズンになった模様です。料金1000円にて走れる高速道路の激しい渋滞情報が、休みの期間の実感として伝わってきます。前のブログにも「半年のあまり、ブログを落ち着いて書き上げる時間がなかった・・」と言い訳していました!!とは申せ、この期間、医院のシステムアップに専念していたという、もっともらしい自己弁護!の最終段階として、医院のホームページ(HP)の立ち上げを行っていました。もともと、開業前から医院のPRとして、ホームページの新規作成を考え、1月まで勤務していた磯子の浜野歯科のHPに、新規開業のお知らせだけを作成してはいました。その時に「歯と食のブログ」も立ち上げたという経緯です。このブログは、あくまでHPに添付されているものなので、HPをリニューアルしてから、再び今度は継続的に行うようにと考えてきていました。ようやく、最終的な原稿・レイアウト・写真をまとめあげ、後は校正後にアップを待つのみです。9月には晴れて新HPが誕生です。HPを立ち上げる作業は「論文作成」と同じくらいの煩雑さでしたが、何とかほぼ思い通りの内容にまとまった考えています。このブログを読まれている方は、はまの歯科のHP経由で来られた方だとは思いますが(ありがたいことです。。)、もし新しいHPやこのブログを読まれて医院に来ていただいた方、直接のご感想をお待ち申し上げます。よろしくご批評願います。
(写真は日本大通・開港記念会館)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

開業して半年・・・

Photo_4  2月12日のブログにて「開院しました・・」と報告いたしました。それから、この8月12日にてちょうど半年。。。歯科医院という「事業立ち上げ」という人並みの「波」も多少はありましたが、おかげさまで地域の方々に支えられ、医院活動を続けてきています(言い訳になりますが・・この半年間、ブログを落ち着いて書き上げる時間をなかなか作れなかったという言うことでしょうか!!??)。

 半年の月日、磯子という隣の地域から移転してきましたとはいえ、この「南区浦舟町」は初めての場所ですので、歯科の立場からこの地域の特性や反応などを垣間見てきました。その中で、改めて地域の方々はまだまだ「歯科医療」を幅広く望んでいるということを実感したものです。そして、その一つに、「日々の食生活」が歯科の病気に深く影響してきている現実を、改めてこの医院にて感じています。
 「歯と食のブログ」がこのブログのタイトルです。この医院にて感じた「食」と「歯」に関した事柄を、今後は「期間をあけずに・・」報告してみたいと思っています。とは申せ、あまり堅苦しい内容ばかりでは、自分も、読んでいただいている方々も、息苦しくなってしまいますので、適宜「道に外れた雑談」も織り込みたいと思っています。というより「雑談」の方が主体となってしまうことが多いと思います・・

 この半年、新たな場所に移ったおかげで、また新たな多くの方々と巡り合うことができました。この期間の一番の財産であると思っています。今後もまた更なる多くの出会いが楽しみです。よろしくお願いいたします。

(写真は早朝のみなとみらい・ナビオス横浜の汽車道からみたランドマークタワー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

歯と食のブログ開始・・

Photo Photo_3 「はまの歯科」医院を開業して、はや1週間が過ぎました。「医院」といえども、社会においては「事業」のひとつなので、その始動の荒波に揉まれた日々でした。おかげさまで、医院の軌道も成り立ち、患者様も順調に来て戴いており、何とか浦舟町の地域の末端に加わらせていただいたことを実感しています。これからの地道に「歯科医療」を通じて、この南区の地域に貢献させていただけるように考えています。
 さて、このブログのタイトルの「歯と食」ですが、歯科医の役割とは、ー口腔の健康維持ーすなわち、お口の健康を保つことだと思っています。口とは「話す」「呼吸をする」「食べる」など、人間の基本的な活動をするうえで欠かせない重要な場所です。そして、歯は食べるための器官、歯がないと楽しい食事ができないと、患者さまはいつもそうは話されて、歯科医院を訪れます。お口はまさに「健康の入り口」なのです。これから、ー歯ーの話とともにこのブログにて、「はまの歯科」がー食事ーについての話題も提供をいたします。次回からいよいよ具体的な話題提供です。「歯」の病気といえば、避けて通れないもの、「砂糖」からお話いたします。
 はまの歯科の「ロゴ」ですが、このかわいいイラストは、イラストレーターのミウラナオコ様に作成していただきました。緑の色は、僕の憧れでもある「山」の緑をイメージし、「ゴルフグリーン」という色調を選びました(名前はゴルフですが・・)。どうぞ、はまの歯科のシンボルとして可愛がっていただけることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

開院いたしました。

Dscf4163_2  おかげさまで、2月12日(木)にDscf4128 開院することができました。この地にて開業を決意したのは昨年末でしたが、その時にすでに2月12日・開業を決めていました。というのは、自分の「母校」である東京歯科大学の創立記念日も大きく、それにもあやかりました。何とかこの記念すべき日をセットアップしようということでスタッフにも理解していただき、無事乗り切ることができました。おかげさまで開院の日には、患者様も来院していただき、ほっと安心しています。

 開院の日にあわせて、このブログもその夜に書きたかったのですが、高校の「母校」である聖光学院・18期生の同期の集まりが東京であったので、遅れて参加いたしました。40台半ばの18期生、各方面で活躍している友人たちの話にはいつも刺激されることが多く、彼らも僕の開業を「独立は男の夢だ・・・」と歓迎してくれました。自分にとって、「母校」には恵まれていると感じています。因みにこの店は、東京・大岡山の漁師料理の店で、この主人の作る刺身の豪快さにはいつも圧巻されます。

 はまの歯科医院もいよいよ新たな週を迎えます。医院という「事業」が落ちつくまでは、まだ多少の時間はかかるでしょうが、それでも新たな医院作りを切り拓く希望感に満ち溢れています。現在、医院の開業に合わせて恩師・友人らがお花をたくさん贈っていだだきました。結婚のとき以来、それ以上にお花をいただけるということは、とても嬉しい限りです。カウンセリングルームに飾った見事な胡蝶蘭は、医院のビルのオーナー・五條建設の社長様から戴きました。社長をはじめとした、はなむけを戴きました皆様に改めて心より御礼申し上げます。開業の今だけでしょうが、ひと時「植物園」のような華やかな風景を楽しんでいます。玄関の花の香りが、隣の医院からも好評のようです。

 医院も落ち着きを取り戻しましたので、このブログの本来の趣旨である「歯と食」について、次回から取り上げたいと思っています。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

いよいよ明日に開院・・・

Photo_3  Photo_5 いよいよ明日から「はまの歯科医院」を開業いたします。歯科医院という「事業」の開設のこの1ヶ月間、事業を開く複雑さと困難さを身にしみて味わいました。しかしながら、それ以上に「新規」に開業できる喜びと期待を感じていた日々でもありました。開業の立ち上げには、新たに加わってくれた医院のスタッフの協力が本当にありがたく思えました。スタッフも「自身の医院」を創る感覚を味わっているようで、各々が役割分担を自ら決めて動いていました。とはいえ、医院は患者様あって、成り立つものです。新しい場所・土地ですが、だからこそ新たな患者様と出会える期待感が満ち溢れています。写真は、医院のカウンセリングルームとキッズルームです。歯科医院という旧来の垣根をなるべく取り除いて、少しでも「健康のメッセージ」を発信できる場を目指しています。開業前日の素直な思いです。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«はじめまして・・・