トップページ | 2009年8月 »

2009年2月

2009年2月23日 (月)

歯と食のブログ開始・・

Photo Photo_3 「はまの歯科」医院を開業して、はや1週間が過ぎました。「医院」といえども、社会においては「事業」のひとつなので、その始動の荒波に揉まれた日々でした。おかげさまで、医院の軌道も成り立ち、患者様も順調に来て戴いており、何とか浦舟町の地域の末端に加わらせていただいたことを実感しています。これからの地道に「歯科医療」を通じて、この南区の地域に貢献させていただけるように考えています。
 さて、このブログのタイトルの「歯と食」ですが、歯科医の役割とは、ー口腔の健康維持ーすなわち、お口の健康を保つことだと思っています。口とは「話す」「呼吸をする」「食べる」など、人間の基本的な活動をするうえで欠かせない重要な場所です。そして、歯は食べるための器官、歯がないと楽しい食事ができないと、患者さまはいつもそうは話されて、歯科医院を訪れます。お口はまさに「健康の入り口」なのです。これから、ー歯ーの話とともにこのブログにて、「はまの歯科」がー食事ーについての話題も提供をいたします。次回からいよいよ具体的な話題提供です。「歯」の病気といえば、避けて通れないもの、「砂糖」からお話いたします。
 はまの歯科の「ロゴ」ですが、このかわいいイラストは、イラストレーターのミウラナオコ様に作成していただきました。緑の色は、僕の憧れでもある「山」の緑をイメージし、「ゴルフグリーン」という色調を選びました(名前はゴルフですが・・)。どうぞ、はまの歯科のシンボルとして可愛がっていただけることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

開院いたしました。

Dscf4163_2  おかげさまで、2月12日(木)にDscf4128 開院することができました。この地にて開業を決意したのは昨年末でしたが、その時にすでに2月12日・開業を決めていました。というのは、自分の「母校」である東京歯科大学の創立記念日も大きく、それにもあやかりました。何とかこの記念すべき日をセットアップしようということでスタッフにも理解していただき、無事乗り切ることができました。おかげさまで開院の日には、患者様も来院していただき、ほっと安心しています。

 開院の日にあわせて、このブログもその夜に書きたかったのですが、高校の「母校」である聖光学院・18期生の同期の集まりが東京であったので、遅れて参加いたしました。40台半ばの18期生、各方面で活躍している友人たちの話にはいつも刺激されることが多く、彼らも僕の開業を「独立は男の夢だ・・・」と歓迎してくれました。自分にとって、「母校」には恵まれていると感じています。因みにこの店は、東京・大岡山の漁師料理の店で、この主人の作る刺身の豪快さにはいつも圧巻されます。

 はまの歯科医院もいよいよ新たな週を迎えます。医院という「事業」が落ちつくまでは、まだ多少の時間はかかるでしょうが、それでも新たな医院作りを切り拓く希望感に満ち溢れています。現在、医院の開業に合わせて恩師・友人らがお花をたくさん贈っていだだきました。結婚のとき以来、それ以上にお花をいただけるということは、とても嬉しい限りです。カウンセリングルームに飾った見事な胡蝶蘭は、医院のビルのオーナー・五條建設の社長様から戴きました。社長をはじめとした、はなむけを戴きました皆様に改めて心より御礼申し上げます。開業の今だけでしょうが、ひと時「植物園」のような華やかな風景を楽しんでいます。玄関の花の香りが、隣の医院からも好評のようです。

 医院も落ち着きを取り戻しましたので、このブログの本来の趣旨である「歯と食」について、次回から取り上げたいと思っています。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

いよいよ明日に開院・・・

Photo_3  Photo_5 いよいよ明日から「はまの歯科医院」を開業いたします。歯科医院という「事業」の開設のこの1ヶ月間、事業を開く複雑さと困難さを身にしみて味わいました。しかしながら、それ以上に「新規」に開業できる喜びと期待を感じていた日々でもありました。開業の立ち上げには、新たに加わってくれた医院のスタッフの協力が本当にありがたく思えました。スタッフも「自身の医院」を創る感覚を味わっているようで、各々が役割分担を自ら決めて動いていました。とはいえ、医院は患者様あって、成り立つものです。新しい場所・土地ですが、だからこそ新たな患者様と出会える期待感が満ち溢れています。写真は、医院のカウンセリングルームとキッズルームです。歯科医院という旧来の垣根をなるべく取り除いて、少しでも「健康のメッセージ」を発信できる場を目指しています。開業前日の素直な思いです。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

はじめまして・・・

Photo

 はじめまして・・・このたび、南区浦舟町・市大センター病院前にて「はまの歯科医院」を開業することになった院長の浜野弘規です。

 「はまの歯科医院」の前進は、磯子区中浜町の浜野歯科医院を約50年間にわたって周辺地域の方々に快適なサポートをしている歯科医院です。そして、10年間副院長として研鑽を重ねた副院長の浜野弘規が、このたび「のれんわけ」をさせていただき、この地にて開業いたすこととなりました。患者様の歯を生涯に渡って見続けられるような歯科医療の精神は、「浜野歯科医院」初代・喜太郎、2代目・現在の浜野文夫院長、そしてこの私と3世代にわたって培われてきたと自負しています。伝統ある浜野歯科で培った歯科医療の技術を背景にしつつ、医大の町である浦舟町にある特性を活かし、従来から目指していた「お口は体の健康の基本」をモットーに暖かで、質の高い医療を提供していきたいと考えております。皆様の温かいご指導をお願い申し上げます。

 「お口は体の健康の基本」というとおり、お口は「食べる」「話す」「笑う」という体で最も大切な器官です。われわれ、歯科医はその重要な体の一部の健康管理を担っています。このブログでは日々の診療にまつわるお話や、患者さんから聞かれる「歯についての素朴な疑問」とともに、「はまの歯科」の医院の柱である「歯を強くするための食生活」の話題など、院長やスタッフとともにつづっていきます。時には歯と全く関係ない話題も提供いたします。随時更新してまいりますので、よろしかったらご覧ください。

 オープニングということなので、しばらくは「医院開業」にわたる雑記を記してみたいと思っています。宜しくお願いいたします。

 上の写真:富士山2合目・水が塚公園からの富士(2月)、朝日が富士の頂の白い雪原に映えていました・・因みに僕の趣味は「登山」ですので、随時、自分の山の写真は掲載いたします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年8月 »